読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらはモテる男たちをあらゆる観点から徹底解説している総合研究所。合コン・ナンパ・ファッション・メールテクニックなど、幅広いジャンルをご紹介しています。

【合コン後メール徹底解説】好感度を劇的に上げる5つの法則

スポンサーリンク

f:id:moteken0427:20160304180315j:plain

多くの男性の悩みの種である「合コン後に送るべきメール」についてお伝えしています。

合コンでは気の知れた仲間と一緒に盛り上がることができますが、合コン後にメールを送る際には、たった一人で内容を考えなければいけません。

合コン後に送る内容によって、意中の女性と継続的にお付き合いできるか否か変わりますのでとても重要なポイント。

絶対にしくじることはできないのはあなたはお気づきのはずです。

ここまで話しを聞いたあなたは、いっけん難しく感じているでしょうが、実はたった5つのポイントを守ってメールをするだけで、女性からの好感度は驚くほど上がります。少なくともメールで失敗することはあり得ないです。

数百回のコンパに参加した僕の経験上、これだけ押さえれば間違いないという内容を厳選。中には絶対に送ってはいけないNG内容についても言及していますので、特に注意して読んで頂きたいです。

目次


1.【女性全員にお礼が鉄板】

スマホを持つ男性

気になる女性だけに、合コン後のお礼メールをしてしまいがちですが、それはマナー違反

その場にいたのは、あなたが気になる女性だけではありません。複数人の女性がいて初めて成り立ったコンパのはずです。

楽しかったかどうかは別として、同じ時間と空間を一緒に共有したという事実は変わりません。参加女性全員にお礼の連絡をしましょう。

もしかしたらあの参加女性があなたが気になる女性との仲を取り持ってくれる重要人物になる可能性もあります。

その可能性を潰さないためにも、合コン後にお礼連絡はは必ず全員にすること。

ただし、ここで1つとても大切なポイントがあります。合コン後、参加女性全員に同じ文面のメールを送らないということ。

つまり、あなたが気になる女性だけに丁寧なメールを送り、それ以外の女性達には同じ文面を送ることは避けるべきです。

なぜなら合コン後、女性達は必ずどんな内容のメールが来たかをお互いにシェアするからです。

その際、もしあなたが同じ内容のメールを送ってしまっていたら、女性達から手抜きをした男性という印象をもたれてしまい、あなたの悪口合戦が始まってしまいます。(現に私はその現場を何度も目撃してきました。)

悪口合戦が始まってしまうと事態は最悪。周りの女性から「あんな男やめておきなよ。実際あの男微妙だったよ。」といった陰口が始まり、気になる女性もあなたから徐々にフェードアウトしてしまいます。

こんな不本意なことはまっぴらごめん。そうならないためにも、合コン後は参加女性全員に異なった文面のメールを送るということ肝に銘じてください。

2.【基本は合コン後すぐに送ること】

寝転がる笑顔の男

合コン後に連絡するタイミングは非常に難しく多くの方から質問を頂きます。何時に送ればいいのか、合コン後すぐか、翌朝目覚めてから送るかなどが多いです。

正直この時間・このタイミングがベストだ!という答えはありません。これは相手の女性によって変わるからです。

ただし、僕の経験則でお話すると、合コン後に送るべきタイミングとしてふさわしいのは、常識的な時間内で、できるだけ早くお礼メールは送った方がいいです。

例えば、コンパ後の時間が22時くらいであれば、あなたが帰宅したくらいの時間に送るのが良いですし、コンパ後2時過ぎに帰宅したのなら、迷惑にならない翌朝〜お昼頃にかけて送るのがベスト。

当たり前ですがいくらベストなタイミングがないからとはいえ、3日後や1週間後に、「先日はどうもありがとうございました」といった合コン後のお礼連絡をしたとしても意味なしです。

大切なのは、熱が冷めやまぬうちにメールは送ること

3.【また飲みましょうメールはNG!?】

スマートな男性

合コン後メール術その1とその2で、参加女性全員に異なる文面を、その日のうちか翌朝からお昼頃にかけて送るというポイントをお伝えしました。

そして、いよいよ合コン後メールの内容に入っていきますが、この合コン後メール術その3が、記事の中でも特に重要で核となる部分です。

ここまで読んでいただいた方の中には、合コン後メールの具体的ポイントを早く知りたいといった方が多数いらっしゃるかと思いましたので、その3という早い段階で核の部分をお伝えします。(全部でその5まであります。)

皆さんが合コン後メールを送る際に、よくしてしまう間違いが「当たり障りのない文章」を送ってしまうこと

どういうことかと言うと、皆さんの頭の中に「ガツガツしては嫌われてしまう」という考えが浮かんでしまうばかりに、合コン後に当たり障りないメール、よそよそしいメールを送ってしまいます。

その代表例が、「今日は楽しかったです。またみんなで飲みにでもいきましょう。」というメール。

気になる女性に嫌われたくない、次に繋げたいという思いが強くなればなる程、このようなメールを送ってしまいます。

残念ですが、合コン後にこのメールが送られてきたら女性のほぼ全員が社交辞令メールだと認識し、あなたを異性として見られなくなります。要はただの飲み友達どまり。

では、合コン後にどのようなメールを送れば社交辞令にならず、次に繋げることができるのか。その答えは、「具体的な食事の誘いをする」ということ。

これは、「またみんなで飲みに行きましょう。」といった何も決まっていない漠然とした誘いではなく、「日時」と「場所」を入れた具体的な誘いをするということです。

“「実は、以前から気になっていたイタリアンのお店があるんですけど、もしよろしければ一緒に行きませんか?南青山の○○です。来週か再来週で、お時間ある時に是非!」”

合コン後はこのようなお誘いメールがGood。「え、いきなりガッつきすぎじゃないですか?」という声が聞こえそうですが、大丈夫です。この程度はガッツいている範囲には入らないですし、むしろ合コン後に社交辞令メールを送るよりかははるかにいいです。

もちろん断られる可能性は否定できません。しかし、少なくとも異性から食事に誘われて嬉しくない女性はいません。何人かいた合コンの席でこの人から自分が選ばれたという喜びは、合コンに参加する醍醐味の一つですからね。

しかも食事であればライトにお誘いができ、かつ女性もOKしやすいためデートのお誘いは食事が適切です。

4.【女性へのメールの基本的な送り方】

メールを送る男性

合コン後メール術その3で、記事の核となる内容をお伝えしましたが、そもそも女性とやりとりすること自体に慣れていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、女性への基本的なメールの送り方をお伝えしていきます。何においても基本というのは大切ですから、ここは特に意識して読んで下さい。

4-1【絵文字を多用しすぎない】

女性とメールをする時に、ついかわいい文面にしようと、絵文字や顔文字を多用する男性がいますが、実は女性の評判はよくないです。

なぜなら、なんか女々しい。」「女慣れしていそう。」「気持ち悪い。」などの印象を与えてしまうからです。

例えば、
「今日は楽しかったです♫まだ◯◯さんのこと、全然知れてないのが本当に残念>_<よかったら今度2人で食事にでもいきたいな♥」

なんて文面を送ったら最後。女性から返信がくることはないでしょう。

確かに、自分の感情を表現するのに、顔文字や絵文字は非常に効果的なのですが、それはあくまでバランスを考えた上で、使用すべき。むやみやたらに使っていては却って逆効果なので、目安としては、3文に1つ使う程度にとどめましょう。

4-2【ミラーリング効果で意識させる】

心理学にミラーリング効果」というものがあります。相手の動きや話し方を真似ると、自然と親近感を持ってもらえるというものです。

このミラーリング効果、確かに効果的なのは間違いないのですが、いざ女性と対面して実践するとなると、かなり意識しないと難しいですし、下手に真似ると女性は違和感を覚えてしまうでしょう。

しかし携帯・スマホなら、簡単です。

女性と対面して緊張したなんてこともありませんし、変に意識する心配もありません。では実際、どのような文を送ればいいのか。

例えば、絵文字を多用する相手なら、同じ量だけ絵文字を使えばいいし、特徴ある語尾(「ですね♪」「(汗)」など)があれば、同じように使えば真似ることができます。

また、メールの文量についても同じことが言えます。久しぶりー!最近何してる?」と女性から連絡があれば、「久しぶり!最近は仕事が結構忙しいよ!」のように同じトーン・同じ量のメールを返信しましょう。

もしあなたが、「久しぶりー!最近何してる?」といった内容のメールに対して、

「久しぶりだね!最近は朝から晩まで仕事してへとへとだよ。でも帰宅したら趣味の映画鑑賞は外せないから結局寝不足のまま仕事に行ったりしてね。休日は体動かしたいから、近くをランニングしたり、ジムに行ったりしてるよ。そうそう、最近フットサルのチームに入って仕事終わりにメンバーで練習したりしてるなぁ。」

といったような返信をしようとしていたら注意です。先ほども言いましたように、相手と同じトーン・同じ量のメールを返すのが大切です。この原則はしっかり覚えておきましょう。

4-3【文末を「?」で終わらせる】

あなたは、女性から話題を振られることを待っていませんか?もしくは女性に気を遣わせて話題を提供させていませんか?

特に出会って最初は、あなたから話題を提供しましょう。以下のように些細なことで構いません。

  • 「好きな食事のジャンルはなんですか?」
  • 「休日は何をされているんですか?」
  • 「毎日仕事終わりの時間はこれくらいなのですか?」

ただし、一回のメールに何個も質問を織り交ぜていては、女性は返事をすることが億劫になっていまいます。

そのため、まずは1回のメールにつき1つの質問を入れることを意識してメールをしてみましょう。

些細な内容で構わないので、積極的に話題を振り、女性を退屈させないようにすることがポイントです。

5.【これは絶対にNG!モテない男のメール術】

驚きの女性

  • 「あれ?あんなに盛り上がったのに何で返事がこないんだろう?」
  • 「結構考えて送った内容だったのにどうして?」
  • 「返事をしやすいようにフランクに送ったつもりなのにどうして?」

もしあなたがこんな経験をしていたら、おそらくモテない【ダサメール】(ダサいメール)を送ってしまっていることが考えられます。

せっかく連絡先を交換したのに、ダサメールを送ってしまっていては、これから先もあなたは意中の女性と交際はおろか一回のデートさえも取り付けることはできないでしょう。

ここでは、合コン後に限らず、女性に連絡をする上で絶対に送ってはいけない内容について解説していきます。

「あ。こんな内容を送っていたかも・・・」と痛いところをつかれたと思う内容が入っているかもしれません。

しかし、それで気を落すことはありません。ここでしっかり内容を確認していただき、今後に生かして頂ければ大丈夫なのですから。それでは早速参りましょう。

5-1 すぐに返事の催促をする

イライラする男

ついつい女性からの返信が遅いと、気になって催促してしまう男性が多いのですが、それはNGです。

例えば、

  • 「ねーねーメール見れてる?」
  • 「おーい。返事はまだ?」
  • 「もしかして嫌いになった?」

など送ってしまう男性が実に多いのですが、そんなに女性に対してプレッシャーをかけてしまえば、余計に連絡はきません。自分の都合だけで相手の連絡をせかしてしまうのはモテない男の特徴です。

大切なことは、もしかしたら仕事が立て込んで忙しいのかもしれない、何か事情があって返事をする気になれていないかもしれない、など女性の立場になって色々と想像することです。

それを考えた上で、例えば女性から3日間返事がない場合にどうすればいいのか、モテる男はこのようなメールを送ります。

“「返事がなくて心配だからメールしちゃいました。もしかしたらお仕事が忙しいのかもしれませんね。なので、少し余裕ができたり、気分転換したい時があればいつでもメールください。もしかしたら○○さんの何かお役に立てることがあるかもしれませんので。ところで、実は表参道にパスタが美味しいお店を発見したので、お時間のある時に是非そこでお食事でもしましょう。それではまた^^」”

このように、モテる男は相手の立場になって物事を考えます。

単に返事を催促するような文面は送らず、相手の状況を想像し、それに適した文章を考えているのです。この真摯な姿勢が女性の心を掴み、返事もはもちろんのこと、デートにも繋がっていくのです。

5-2 愚痴る

愚痴を言う男性

女性との連絡が続き、だんだんと慣れてきたところでつい出てしまうのが愚痴です。例えば、女性にこんなメールをした経験はありませんか?

  • 「昨日、仕事で部長に注意されたんだけどむかつくわー。」
  • 「クライアントの注文が多過ぎでほんとに面倒くさいんだよね」
  • 「部下が本当に使えなくて困っちゃうよ。」

こうした仕事関係の愚痴は女性を幻滅させてしまうのでやめましょう。と言うのも、女性が男性に対して魅力を感じるポイントの一つに、仕事をしている姿というものがあります。

スーツをビシッと着て毎日仕事に励んでいる男性は、男としてもかっこいいですし、どんなことがあっても守ってくれるというイメージを女性は持っているのです。

しかし、もしあなたが愚痴を女性に送っていたとしたら、女性はあなたに対して「大して仕事もできず、言い訳ばっかりの人なんだな。」と感じてしましい、魅力を感じるどころかむしろ好感度がグッと下がってしまいます。

そのため、女性と連絡をとる際には、特に「仕事の愚痴」に注意することを忘れずにいてください。

5-3 自慢・過去の武勇伝を語る

得意げな男性

ついつい女性の前だと、かっこつけたり、自慢話をして自分を大きく見せようとする人がいますが、それはかえって逆効果だということをここで明らかにしておきます。

  • 「昔はよく遊んでいて、結構やんちゃしてた」
  • 「学生時代はすごくモテていた」
  • 「よく喧嘩して警察沙汰になったけど今は大人になった」

こうした勘違いアピールは、度が過ぎると女性から嫌われてしまう可能性が高いです。

こうした武勇伝や自慢話というのは誇張している場合が多く、過去の栄光にすがりついている人と思われがち。男性がついしてしまいがちなことなので十分に気を付けましょう。

5-4 下ネタを言う

気まずい男女

女性との連絡が続き仲が深まってきた段階でやってしまいがちなのが「下ネタ」を言うこと。

男はいくつになっても子供な側面を持っておりつい下ネタを口にすることで満足感を得たり、女性との距離を縮めようとします。

しかし、残念ながら下ネタ発言は、距離が縮まるどころかむしろ広がるばかり。本来性的な発言は避けるべきものであり恥じらうべきものです。

それにも関わらず下ネタを発言をする男は、女性から「体目当ての人」という印象を持たれてしまいます。

少なくともメールでそういう発言をする人に限って直接面と向かっては言えないむっつりタイプが多いため、女性の印象はさらにマイナスに。

くれぐれも発言には気をつけて紳士な男性を通してください。

いかがでしたか?これで【合コン後メール徹底解説】好感度を劇的に上げる5つの法則を終わりにします

今まで送っていた女性へのメールを思い返して「ダサメールを送っていたかも・・・」と恥ずかしくなったなど色々な感想があるのではないでしょうか。

ですが今後、ここでお伝えしたポイントを守っていただければ、今までとは違った確かな手応えを感じることができます。

例えば、女性とのやりとりが楽しく感じ、スムーズにデートを取り付けることができたり、さらにその先まで踏み込んだことができたりと、実はメール1つで相手の心を操ることも可能です。

まずは5つのポイントを学んで、基本テクニックをマスターしましょう。