Amy〜モテる大人が使っている実践恋愛ノウハウ〜

こちらはモテる男たちをあらゆる観点から徹底解説している総合研究所。合コン・ナンパ・ファッション・メールテクニックなど、幅広いジャンルをご紹介しています。

【2016年最新】春のメンズファッション大人の着こなし術を徹底解説!

f:id:moteken0427:20160316121521j:plain

今回は2016年春に押さえておきたいメンズファッションのトレンドと着こなし術をご紹介していきます。

もちろん、単にトレンドを追うだけでなく、「モテ」の要素も交えながらメンズファッションを解説していきます。

ところで、2015年はアメリカのニューヨーク発祥の「ノームコア」というスタイルが男女問わず流行しました。簡単に説明すると、「自然体で超普通の着こなし術」です。

派手な色味は使わずモノトーン色でまとめ、アイテムもいたってシンプルなものを使う。動きやすさや着心地を重視し、いわば原点回帰ともいうべきスタイルが2015年は主流でした。

そんなノームコアの代表的な人物は、皆さんご存知の「スティーブジョブズ」。

イッセイミヤケの別注黒タートルネック、リーバイスのデニム、ニューバランスのスニーカーというスタイルが彼のトレードマークであり、ノームコアの代表的なスタイルなのです。

このスタイルはメンズファッション界にも大きな旋風を巻き起こし、海外を中心に多くの男性がこぞってノームコアスタイルに移行したというわけです。

さて、2016年の春、メンズファッションではどのような着こなしがトレンドになっていくのでしょうか。そのヒントや答えを散りばめながら、解説してきます。

【目次】

絶対押さえたい!春のトレンドアイテム

 

f:id:moteken0427:20160316121459j:plain

ここでは持っておけば間違いないメンズファッション春のマストバイアイテムを9つ厳選してご紹介します。

ウィメンズは異なり、メンズファッションはトレンドのサイクルが遅いため、どれも買って損はありません。

ここに書いてある春のトレンドメンズファッションアイテムを手に入れて、イケてる男の称号をGETしましょう。

レザーライダース

冬を超えいよいよ春を迎えた今、気温も暖かくなってきたので、レザーライダースをぜひ調達していただきたいです。

男の色気を最大限引き出してくれるレザーライダースは、メンズファッションアイテムの中でも購入必至。

色は黒、形はシンプルにシングルタイプを選んでいただければ、この春から活躍してくれること間違いありません。

MA-1ジャケット

MA-1ジャケットはもともとアメリカ空軍や海軍で使われていたアイテムでした。

そのため、MA-1といえば、野暮ったいサイジングに表がカーキ色、裏がオレンジ色といった配色が有名ではないでしょうか。

ところが今では時代にあわせて、コンパクトでスッキリ見えるタイプのMA-1が主流。

どこのセレクトショップに行っても見ないところはないくらい、メンズファッションアイテムの中でも定番化しています。 もちろん、春のトレンドアイテムとして大活躍してくれます。

色はあえてネイビーやブラックを選び、スタイリッシュな印象をあたえるのがポイント。 かっちりしすぎず、かといってラフすぎない、バランスの良い大人アイテムとして1着は持っておきたいところです。

ステンカラーコート

2013年~2015年、メンズファッション冬のモテアウターとして活躍したのが、チェスターコートです。

ファッション感度の高い方は、2~3着持っているのではないでしょうか。 2016年春を迎えた今は、チェスターコートに代わり、ステンカラーコートがおすすめ。

春らしい色合いと着心地の良さ、そして撥水加工がほどこされているものが多いため、梅雨の時期にはマストアイテムとして重宝するでしょう。

おすすめの色はメンズファッションの中でもここ最近トレンドのカーキもしくは定番のベージュ。ここを押さえれば、モテファッションの核を押さえたも当然です。

バンドカラーシャツ

ここ最近メンズファッションの中でも爆発的な人気を博したのがバンドカラーシャツ。2016年春も間違いなく、メンズファッションアイテムの中でもトップクラス級に活躍してくれるでしょう。

そもそもバンドカラーシャツとは、襟のないシャツのことであり、通常の襟つきシャツよりもスッキリとした印象を出すことが可能。

適度なリラックス感があり、かつキメすぎないため、大人っぽさを醸成してくれるメンズファッション春の万能アイテムといえます。

デニムシャツ

海外セレブの着こなし術として、デニムシャツにテーラードジャケットを合わせるという玄人技が流行っています。

日本のメンズファッションシーンでもこの組み合わせは定番化しつつありますね。

カジュアル×ドレスという両極端の組み合わせを図ることで、こなれ感を出すことができることが流行の秘訣でしょう。

2016年春は、デニムシャツの中でもボタンがスタッズのような石っぽい定番のものではなく、オックスフォードシャツに使われるようなごく普通のボタンを使用したタイプがトレンド。

これは、2016年もまだまだノームコアスタイルが流行っているため、できるかぎりエッジが効いておらず無駄を削いだシンプルなもののほうが万能。

スウェットパンツ

スウェット=部屋着のイメージはもはや一昔前の発想。今ではスウェットはメンズファッションアイテムの中で確実に「モテ」の地位を築いています

気取らない印象が女性からの人気票を獲得しています。2016年春こそ、爽やかかつ、ラフな着こなしをしていただきたいので、1本は絶対に持っておきましょう。

裾元にかけて細くなるテーパードタイプのもので、色みはライトグレーが今春イチオシ。これからも春のメンズファッションシーンでは欠かせない存在になりそうです。

スラックス

大人のメンズファションアイテムの代名詞ともいえるのがスラックス。どんなアイテムにもスラックスを合わせるだけで、いっきに大人の男を演出できる優れもの。

2016年春はスラックスの中でも「2タック入り」のスラックスがトレンド。腰回りにゆとりをもたせ、少し太いシルエットが大人の余裕を醸し出すことができます。

2タック入りのスラックスを履くことで、Tシャツからパーカーからデニムジャケットまで、どんなカジュアルアイテムとも相性は抜群です。

最近、どのメンズファッションを扱うセレクトショップの店員さんがこぞって2タック入りを履いています。

スニーカー

1年中使えるアイテムがスニーカー。メンズファッション業界・ストリートでもスニーカーブームが爆発しました。

特に、ニューバランスやハイテクスニーカーが注目を浴びたことは記憶に新しいのではないでしょうか。

そして2016年春におすすめしたいのは、白のローカットスニーカー。春は爽やかさを演出したいので、それを体現してくれる白は間違いありません。

もちろん淡い青や、黄色など色みを効かせるのもメンズファッションの醍醐味ですが、ここでは「モテ」を意識したいので、白が持つ清潔さを採用します

ローファー

スラックス同様、どんなスタイルも大人の男に昇華させてくれるメンズファッションアイテムの中でも優れものがローファー。

裾をロールアップしてローファーを履くとすぐにこなれ感をだすことができます

ローファーには、タッセルローファー・ビットローファーなど人気の型がありますが、2016年春はあえてシンプルなプレーン型を選び、素材で遊びましょう。

最旬コーデで差をつける4大コレクション注目のスタイリング特集

 

f:id:moteken0427:20160316121443j:plain

ミラノ・パリ・ロンドン・ニューヨークコレクションで2016年春の最新ファッションスタイル・コーデが発表されました。

ここでは「世界のトレンド」を中心にお送りいたします。

メンズファッションとしてモテるモテないは問わず、世界のファッションシーンで何が起こっているのか、どんなコーデがきているのかをお伝えします。

ノージェンダースタイル

その名の通り、男女という境界線を設けず、好きな服を好きに着るというスタイルが提案されました。

ピンクや花柄といったウィメンズファッションを連想させる色味や柄をメンズファッションに取り入れ、ハーフパンツやスカジャンなどメンズファッションテイストをウィメンズファッションに取り入れています。

このコーデは日本のメンズファッションシーンでも既に到来しており、原宿系メンズファッション読モを中心に広がりを見せています。

タッキースタイル

2015年のトレンドであったノームコアの反動から、タッキースタイルが来ています。

タッキースタイルとは日本語で「悪趣味な」という意味。 奇抜な色合いの組み合わせや、柄と柄の組み合わせ、過激なプリントがモチーフのデザインが今注目を集めています。

上記のアイテムを使ったコーデは現在、ウィメンズファッション界で流行り始めており、メンズファッション界ではまだまだといったところ。

アスレンジャースタイル

アスレチック×レジャーでアスレンジャー。今このスタイルが日本でも 馴染み深くなってきました。ノームコアも未だ健在ですが、スポーツテイストの強いアスレンジャーに人気が急上昇中です。

こうした背景を受け、各スポーツブランド・アウトドアブランドがタウンユースで使えるようにデザインやシルエットを変えて対応しているほど。

そんな大注目のアスレンジャースタイルですが、コーデを作るポイントはナイロンパーカーを中心に、スウェット素材のパンツやパーカーなど、スポーティーなアイテムを使うことです。

30・40代に学ぶ至極の大人モテファッション

 

f:id:moteken0427:20160316121447j:plain

10代後半から20代半ばの男性は「大人の男」に憧れを抱く年齢ではないでしょうか。

かくいう僕も、あの頃は色気のある大人の男に憧れ、身なりや嗜みから竹野内豊さんを真似ていたほど。笑

ここでは30・40代男性のスタイリングについてご紹介していきます。彼らのファッションコーデはサイジングから色使いまで本当に参考になります。

まずは絶対にやってはいけないコーデ

皆さん、大人のメンズファッションと言えば、何を連想するでしょうか。シックでこなれたコーデで色気のある雰囲気を出しているのを想像しますよね。

その通りで、大人の男はモノトーン色をベースに自分の体にフィットしたサイジングを徹底しています

ましてや派手な色使いをしたり、タイトすぎる・ルーズすきるサイジングは絶対にしません。モテるためのメンズファッションの見地からしても常識。

なぜなら、派手な色使いは子供っぽく見えてしまい安っぽく見える、体に合っていないアイテムはだらしなく見えてしまう可能性があるからです。

大人の男を目指すなら、彼らのように、「派手な色使いはしない」「自分の体にフィットした服しか着ない」ことを守りましょう。

重複になりますが、これらはモテるメンズファッションでは常識です。

色使いはネイビーが鉄板

先ほどお伝えしたとおり、30・40代の大人の男は派手な色使いをしません。モテるメンズファッションを熟知しているからでしょう。

モノトーン色を上手に使いこなすことで、こなれた印象を与えています

そんな大人の男達がこぞって使う色味が「ネイビー」。ネイビーカラーは、重すぎず、軽すぎず、シックでありながら清潔感も担保している色味。

メンズファッショントレンドに左右されずいつでも使える点はまさに最強カラーの呼び名にふさわしいです

余談ですが、僕が所持しているメンズファッションアイテムの色味をご紹介します。

ブラック・ホワイト・グレーなどの定番モノトーンカラーが3割、ブルー・ブラウンカラーが1割、その他の6割はネイビーカラーで構成されています。

ネイビーは、落ち着き・引き締め効果があり、爽やかさと清涼な雰囲気もあるので、女性ウケは抜群です。

ネイビーコーデ術一覧

では実際、どのようなネイビーカラーアイテムを持っていればいいのか、大人コーデはどうすればできるのかについてここからお伝えしていきます。

大人のモテ男の真髄をぜひ感じてください。

メンズファッションコーデその1:ネイビージャケット(シャツ)×ホワイトデニム

個人的に最強の大人モテコーデです。大人の色気と雰囲気を出すことができ、女子ウケも抜群。ちょっとしたパーティーやディナーには打ってつけのコーデです。

そこにダテメガネを合わせれば、知的でスマートな大人の男を演出することができます。

メンズファッションを代表する100%間違いのないコーデなので、読者の皆様には是非参考にしていただきたいです。

メンズファッションコーデその2:白シャツ×ネイビースラックス

先ほどと上下を逆にしたバージョン。こちらも個人的に大好きでおすすめのモテコーデです。

ネイビージャケット(シャツ)×ホワイトデニムほどきっちり感は出ず、カジュアル寄りであるものの、やはり知的で清潔感を残すことができます

どんなシーンでも気負わず活躍してくれるという点では先に紹介した組み合わせよりもおすすです。

ただし、白シャツではなく、白ジャケットにしてしまうと夜の男感がでてしまうので、その点は注意してください

メンズファッションコーデその3:ブルーシャツ×ネイビースラックス

上下ともに同色系で合わせる玄人よりの大人コーデ。この若干のコントラストがおしゃれな男を演出し、全体に華やかさを加えてくれます。

このコーデのポイントは、シャツを腕まくりし、足元をロールアップすること。青は知的なイメージを連想させる色です。

上下ともに青を使うとインテリ感が全面的に押し出されてしまうため、腕まくり・ロールアップをすることで軽やかで爽やかな印象を持ってもらえます。

メンズファッションコーデその4:ネイビージャケット×ネイビースラックス

メンズファッションコーデの中でも、トップクラスでおしゃれで大人の色気を出すことができるのがこの組み合わせ。いわばセットアップです。

ネイビーのセットアップは素材を変え、インナーを変えれ1年中使えるコーデ。 この春は特に、各セレクトショップのセットップ販売が目立つので、トレンドの年ともいえるでしょう。

安さで有名のあのGUも今季、激安セットアップを販売し、一瞬で完売するほどの人気っぷり。

セットアップは汎用性が高いので、1組み合わせ持っておくと良いでしょう。


いかがでしたか?これで【2016年最新】春のメンズファッション大人の着こなし術を徹底解説!を終わりにします。

少しでも2016年春のメンズファッショントレンドや、メンズファッションモテコーデについて理解していただけたでしょうか。

大人の雰囲気を出すことがメンズファッションモテコーデには何よりも大切です。

ご自身でも自分に合ったコーデの組み合わせや色使いなどを研究して、モテを追求していただけたら幸いです。